投稿日:2020/05/07

トーマス・エジソンのシータバイオフィードバック

トーマス・エジソンのシータバイオフィードバック
ニューロフィードバック
この記事は約 2 分で読めます。


日本でも有名な米国の発明家、トーマス・エジソンが行っていたシータバイオフィードバックのお話です。

以下、Thomas F. Collura (著) Technical Foundations of Neurofeedback 134ページより引用して翻訳。

トーマスエジソンは、彼自身の創造的な発展のために「シータバイオフィードバック」技術を使用することが知られていました。

床にパイ型を置いてから、真鍮のボールを手に持ち、安楽椅子で過眠をしました。

催眠状態に入ると、筋肉の緊張を失い、真鍮のボールを手放します。

真鍮のボールはプレート(パイ型)を打ち、エジソンを目覚めさせました。

夢のような状態で、エジソンは紙と鉛筆を取り、自分の考えを書き留めたのでした。

内面化された創造的な状態は、今まで考えもしなかった関連や概念につながり、アイディアの源となったのです。

引用 ここまで

他のサイト(2020年5月7日アクセス)で調べたところ、上記のテクニックをエジソンは秘密にしていたらしく、一部の人にしか知らせていなかったようです。

日本のウキペディア(2020年5月7日アクセス)を含め、多くの書籍などには、仮眠をしたという記述はあるのですが、真鍮のボールを持って仮眠したという記載がなかったので、記事にしてみました。

この記事を書いた人

東京都新宿区四谷ニューロフィードバックとQEEG専門施設
ニューロフィードバック
初回面談
(オンライン)
予約
ページ上部へ